ほとり〜たださいわいを希う。〜

夏に放送されたアニマックス大賞の3作目。
録画してあったのを、ようやく見ました。半ば忘れていましたが。
記憶が消えてしまう少女と、記憶を追加されて人らしくなっていくロボットの少年のお話。
ちょっと悲しいけど、いいお話だったと思います。
最後はどうかなと思ったけど。ああいうのもありなのでしょう?
記憶が無くなるというところで、去年の韓国映画とかぶっているなぁと思いましたが、あっちは映画館での予告しか見ていないので、どんな話だったのか比較できないのが残念。
2,3作目を見たけれど、また来年も楽しみな大賞です。(なら、ちゃんと見るように。)